廃タイヤ破砕装置

  • Waste Tire Crushing Equipment

    廃タイヤ破砕装置

    廃タイヤ加工生産ラインは、タイヤに含まれるゴム、鋼線、繊維の3大原料を室温で完全に分離し、100%リサイクルを実現する大規模な設備一式です。廃タイヤ加工生産ラインは、お客様のご要望に応じて直径400〜3000mmのタイヤをリサイクルでき、適用性が高く、出力サイズを5〜100mmの範囲で制御でき、出力は200〜10000kg / hに達することができます。 。生産ラインは室温で稼働しており、環境への二次汚染を引き起こしません。生産ラインは、操作やメンテナンスが容易で、エネルギー消費量が少なく、耐用年数が長いPLC制御システムを採用しています。